semはランディング ページ最適化などなどの種々の手法をトータル的に使用して\'\'ビジネス\'\'することを指します。

FrontPage

サーチ エンジン マーケットとは

検索エンジンマーケティングの略で、通常SEMといわれ、コンピューター検索エンジンを有効に活用して顧客を集めるマーケティング方法である。

  • 売上を向上させるには、検索エンジンを駆使し、売上実績につながる見込みの高いアクセスを集めることが重要です。
  • そこでツールとして必要なのがここで照会する、SEMです。
  • SEOとは検索エンジン最適化<Search Engine Optimization>PPC広告とは検索エンジン連動型広告で、LPOとはランディング ページ最適化などなどの種々の手法をトータル的に使用してビジネスすることを指す。
pasocon

次に各ビジネスツールについて少し詳細に考えてみると・・・・

PPC広告とは

  • PPC広告とは前もってキーワードを選び、設定して、そのキーワードを入力したユーザーのみに向けて、キーワードに関した広告が画面に表示される。
  • 表示された広告をクリックし時に、広告主に広告経費がかかるという仕組みである。PPCとはクリック課金型であるが、PPCの名のとおり、画面に表示された広告をクリックして、ショップページに訪れ、しかもクリックした回数分だけ広告費を支払えばいい仕組み。
  • ビジネスのアクセスを伸ばすために、非常に効率のよいビジネス広告といえる。

SEMのキーワード・ポイントを選ぶ

  • 購入意欲の高いユーザーからのアクセス、つまり「売上つながる、購入見込みの高いクライアント」をサイトへ引き込むためには、その製品なり、商品を購入意欲が増す、興味をそそるように、ユーザーの立場でキーワードを選ぶ必要がる。
  • たとえば、ネットショップ運営の場合を例に取ると、血統書つきの子犬をブリーダーから直接販売する、いわゆる直販です。「かわいい子犬 表情のいい画像」「愛くるしいチワワとその写真」など、これで購入するでしょうか? 
  • パソコン検索で通販ショップのサイトをチェックしに来た人は、 売上の高い見込み客ばかりでしょうか? 残念ながら、間違いです。
  • このキーワードでウエブページに来たユーザーは、かわいい子犬の画像を検索していただけの人、いわゆるウエブサーフで、こうした人も多く、購入する意欲は必ずしも高くないのです。
  • 最も重要なのは「購入に結びつくキーワード」の選択です。
    「子犬 しつけ」「子犬 育て方」といった単語で来る人も同じです。すでに犬を飼っている可能性が高く、購入の可能性は高くないでしょう。 なぜでしょうか?[しつけ」、「育て方」はどは
    「検索アクセスを伸ばすワード」であり、「サイトの内容や特徴をあらわす言葉」であっても、販売に結びつく、簡単ではありませんが「買いたい」と思っている人のための言葉ではありません。購入者の心理も多様です。

SEM ランディングページとLPOはどのようにするか

  • 検索エンジンや広告などの外部リンクからリンクされてページにくる、ユーザーが最初に着地するページを「ランディングページ」を最適化することをLPO(Landing Page Optimization)といいます。 -
  • ランディングページの最適化(LPO)とは、購入契約率を高めるためにランディングページをチューニングするプランのこと。
  • 簡単に言うと、「ショップにきたユーザーにどう訴えたら商品を購入してもらえるか。あるワードでリンクされて来るユーザー対策」を考えていくことです。
  • 絞り込んだキーワードで制約率の高いユーザーアクセスを集めたら、ここからが課題です。仮にネットで販売するならば、検索エンジンからリンクを飛ばして「ランディング」するサイトを、そして購入につながるグッドなページに設定しよう。

SEM コンバージョン率をあげる

  • コンバージョンとは、直訳すると「転換」の意味に使用している。つまり、ネットショップの市場では「サイト訪問者を、商品購入に結びつけるために、会員登録して、今後のメールで情報を流し、販売成約に結びつけること」を意味する。
  • ネットショップは販売製品、業種や目的によりけりですが、コンバージョン率は、一般的には5〜10%といわれている。貴店のshopがコンバージョン率が5%なら、最適なキーワードを選択肢しランディングページ設定で、コンバージョン率10%をめざしましょう。
  • アクセス解析などのソフトを利用して、簡単に確認することができます。コンバージョン率を計るのも、ビジネスの戦略の一施策です。コンバージョン率を計るのはたとえばPPC広告ならば、管理画面でキーワードごとのコンバージョン率が一目でわかるようにするべきです。
  • コンバージョン率の低いものがあれば、キーワードを選びなおしたり、広告の文章を練り直し、いかにしたらユーザーが興味を持ち、購入意欲が沸く文言やランディングページのさらに修正を加えてトライしよう。
  • コンバージョン率が高いものがあれば、何が成功した要因なのか分析、数値化し、仮説を立て、問題のあるコンバージョン率低いものの分析も当然必要。コンバージョン率高いものに合わせて、当てはめてみることも重要だろう。
  • コンバージョン率Upは継続的分析が重要、調整し継続することがカギになる。

SEM関連商品

○○○ SEM関連商品カタログ ○○○
>>> キーワード関連カタログ <<<

powered by Quick Homepage Maker 4.6
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional